横浜銀行カードローンの在籍確認について

金融会社によってはカードローン申請した時や転職した際には、勤務先に在籍しているかというのを確認することがあります。これは借り入れしている金額によって支払い能力があるのかを確かめたり、在籍していない場合には無職ということもあり、融資をストップすることもあるのです。

金融機関によっては、カードローンですぐに融資を受けることができるというスピード性を高めるためにも、申請する金額によっては在籍確認をすることが少なくなってきています。

とくに収入証明書など企業や税務署から取り寄せた書類に関しては偽造することも難しいことから信憑性も高く、しっかりと企業名も記載していますのでわざわざ確認する必要もないのです。

転職していても返済期日内にお金を用意することができ、複数のガードローンを申請していたり延滞履歴があるということでなければ返済能力があることから、お互いの信頼が成り立っています。

ただ転職回数が多かったりしますと、実際に記載されている会社へと在籍しているのかといった確認をすることはありますが、近年は転職する人が増えてきており確認作業をしますと金融会社も手間が掛かることから、金融機関によって異なってきますので確認してみて下さい。