パワハラ調査の費用はどのくらい?

探偵社や興信所にパワハラ調査を依頼するとどの程度の費用を必要とするのでしょうか。探偵社や興信所では調査員2名体制で調査を行うことが多く、その費用が人件費、調査費用含めて1時間当たり20000円前後が相場のようです。調査に要した時間をかけると調査費用ということになります。調査に要した交通費などの実費は別途請求となります。これらを総合的に計算すると100000円は最低でも必要となるようです。パワハラ調査も含めて、探偵社や興信所では調査期間(時間)が短ければ調査費用はさほど高くならないとのことです。調査期間を短くするということは調査の難易度が高くないということで、調査を開始する前にどれだけ多くの情報を探偵社や興信所が手にしているかということになります。調査依頼者は調査を依頼する際、完全に丸投げするのではなく、いつ、どこで、どのような状況でパワハラを受けているのか、パワハラの加害者である社内の上司のパーソナリティーなどを出来るだけ詳細に情報を提供する必要があります。探偵社や興信所がスムーズに効率よく調査を行う為に、調査依頼者も調査に参加しなければなりません。

パワハラ調査の調査内容とは

パワハラの被害に一人でお悩みの方は、是非探偵社や興信所に相談してみてください。パワハラに関しては加害者側と被害者側の受け止め方に大きな差があり、客観的な観点が必要なのです。調査のプロである探偵社や興信所に調査を依頼することで客観的な証拠を掴む事ができるのです。さて、探偵社や興信所はパワハラ調査の依頼を受けた際、どの様な調査を行うのでしょうか。まず、調査依頼者との綿密な打ち合わせを行います。ここで得られた情報で調査内容、調査方法を決定します。調査依頼者との打ち合わせが終了後、実際の調査に入るわけですが、加害者である調査対象者の素行調査を行います。加害者、被害者が在籍する会社の同僚からの聞き込みを行い、被害状況の裏付けを行います。もちろんこの調査の際には依頼者の名前を伏せて行われます。加害者の素行調査の結果、過去に同様の履歴があれば被害者の証言も信憑性が増し、さらに調査を行うにあたり有利な情報となります。これら調査によって得られた情報を整理し、調査報告書としてまとめ上げ、調査依頼者の手元に届けられます。調査報告書は動かぬ証拠となります。

セクハラ調査の調査内容とは

探偵社や興信所はセクハラ調査の依頼を受けた際、どのような調査を行うのでしょうか。まず、調査依頼者と綿密な打ち合わせが必要となります。何分センシティブな内容であることも、また効率よく調査を行うためにも、いつ、どこで、どのようにしてセクハラ被害を受けているのかといった具合です。調査依頼者からの聞き取り調査が済みましたら実際の調査となるわけですが、探偵社や興信所に認められている調査方法は『聞き込み、張り込み、尾行』です。この方法を駆使するわけですが、セクハラ調査であれば張り込みが有効な調査方法かと思います。ただ、それだけでは証拠をつかみ取ることができないので、個セクハラが行われているであろう現場に小型カメラや小型マイクを設置して動かkぬ証拠をつかみ取ることになろうかと思います。張り込み、小型カメラ、小型マイクから得られた情報を調査報告書という形で依頼者に提出されるという流れとなります。調査依頼者は調査報告書を証拠として警察や弁護士に被害届として提出すれば、事件として処理されます。とにかく動かぬ証拠をつかみ取ることが大切なのです。