セクハラ調査の調査内容とは

探偵社や興信所はセクハラ調査の依頼を受けた際、どのような調査を行うのでしょうか。まず、調査依頼者と綿密な打ち合わせが必要となります。何分センシティブな内容であることも、また効率よく調査を行うためにも、いつ、どこで、どのようにしてセクハラ被害を受けているのかといった具合です。調査依頼者からの聞き取り調査が済みましたら実際の調査となるわけですが、探偵社や興信所に認められている調査方法は『聞き込み、張り込み、尾行』です。この方法を駆使するわけですが、セクハラ調査であれば張り込みが有効な調査方法かと思います。ただ、それだけでは証拠をつかみ取ることができないので、個セクハラが行われているであろう現場に小型カメラや小型マイクを設置して動かkぬ証拠をつかみ取ることになろうかと思います。張り込み、小型カメラ、小型マイクから得られた情報を調査報告書という形で依頼者に提出されるという流れとなります。調査依頼者は調査報告書を証拠として警察や弁護士に被害届として提出すれば、事件として処理されます。とにかく動かぬ証拠をつかみ取ることが大切なのです。