パワハラ調査の調査内容とは

パワハラの被害に一人でお悩みの方は、是非探偵社や興信所に相談してみてください。パワハラに関しては加害者側と被害者側の受け止め方に大きな差があり、客観的な観点が必要なのです。調査のプロである探偵社や興信所に調査を依頼することで客観的な証拠を掴む事ができるのです。さて、探偵社や興信所はパワハラ調査の依頼を受けた際、どの様な調査を行うのでしょうか。まず、調査依頼者との綿密な打ち合わせを行います。ここで得られた情報で調査内容、調査方法を決定します。調査依頼者との打ち合わせが終了後、実際の調査に入るわけですが、加害者である調査対象者の素行調査を行います。加害者、被害者が在籍する会社の同僚からの聞き込みを行い、被害状況の裏付けを行います。もちろんこの調査の際には依頼者の名前を伏せて行われます。加害者の素行調査の結果、過去に同様の履歴があれば被害者の証言も信憑性が増し、さらに調査を行うにあたり有利な情報となります。これら調査によって得られた情報を整理し、調査報告書としてまとめ上げ、調査依頼者の手元に届けられます。調査報告書は動かぬ証拠となります。